トップイメージ
とうとう売買する時という場合では、まずは下調べを横着してはいけません。取引を行う前であったら物事を論理的に眺める事が可能です。しかし、いっぺんトレードの中に踏み込んでしまうとどうあがいても受け取り方が客観性を欠くものになってしまい、真っ当な見方ができなくなる可能性があります。だからこそ己の考え方が論理的な場面で、きちっと事前準備をしておくことが必要です。その準備とは、最初は自分だけの物語を考える事からスタートします。今からの為替相場は上がる(または下がる)から、米ドルを取引するみたいな、あなたなりのシナリオを立てていくのだ。次は為替チャートを調べましょう。過去の市場の上がり下がり見定めて、今日の価格を見ます。そうしたら、「現在は結構低いレベルになっている」「もうすでに多くの投資家の方々が勝負しているこの先慌てて売り(または買い)してももはや間に合わないな」ということが判断できます。当たり前ですが売買するのが遅いと考えたならば、何もせず、その場面ではすっぱりと吹っ切ることが大切です。どう工夫しても物語を押し通して、諦めずに新しく注文すると、相場に跳ね返されてしまい、そればかりか損することになる危険性があります。とは言うものの大体の状況で、準備が整った自分なりのシナリオを作っておけば、エントリーが遅いなというケースにはならないと思います。大方、実際に外国為替相場が動意する前の状況のはずだからです。更に、差し当たり自分が注文しようと思っている通貨ペアの変化を見る事が不可欠です。例えば円安になるという脚本を書いたのであれば、その外貨の変動に気をつけておきます。相場の変動を注意を払い始めた場面では、まだ該当の通貨は誰の眼にも明らかに変動する雰囲気を見せることなく上や下に多少の変動を繰り返しているだけだろう。しかし、その変動を正確にチェックしていると、ある位置で少しずつ、円安へと外国為替相場が動き始めます。ここで、ドルのエントリーします。そこまで念入りに準偏をしておけばその売り買いで勝てる率は割合高くなるはずです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.screne.org All Rights Reserved.