トップイメージ
ありふれたビギナー向けの外為のテキストでは、「マイナスになった場合はナンピンを入れることによって、ポジション全体の価格を抑える事ができる」などと書かれていたりしますが正直ナンピン買いには相当大きな危険が潜んでいます。まず、ナンピン買いのロジックについてとても簡単に説明しておきます。たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。ドル買いですからドル高になればなるほど儲けが大きくなるわけですが不幸にして1ドル=95円まで円高に振れてしまったとします。この場合ポジションを保持し続けたら損がなくなるまでには、損失分円安ドル高に向わなければなりません。誰もがみんな、損失はなるべく早くリカバリしたいと考えるでしょう。このため最初に売り買いしたのと同じ額の$(ドル)を1ドル95円で買います。そうすると、ポジション全体の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで下げることができますその結果、2円50銭の幅でドル高が進むとマイナスを失くすことが出来ます。これが、ナンピン買いのロジックだ。このように、ナンピン買いのロジックを知ると、「ごもっとも」と考えたりするが、易々と問屋を卸しません。元々、1ドル95円より下がらないとはなんびとも分かるわけがありません。たとえば、マーケットが相当の円高の流れだとすれば、95円では下げ止まらずに更に一段の円高に向うリスクがあります。一例として、1ドル97.50円でナンピンをした時に1ドル=95円まで円高ドル安が進んだらナンピンした分についても、マイナスが生じることになってしまうのである。その状態では、一番初めに注文したドルと全部で、倍の差損が生まれます。この通り、ナンピンは難しいのだ。それでは、市場があなたの筋書きとは別の方向にすぐに行ってしまった場合どんなやり方で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。そこで取るべき道は多くはありません。まずひとつはあきらめて、損を確定する事です。もうひとつの方法としてはその時に、あなたが持っているポジションを少なくする事によってもう一回為替相場がリカバリするのを大人しく待つ事です。消極的な対策だとみる投資家もいるでしょう。しかしながら、買いポジションに為替差損が生じた場合妥当な手段はこの2つ以外には期待できない。確かに、机上ではナンピン買いをするという対策も効果的です。だがナンピン買いは自分が損失を出している状態で買いポジションを小さくするどころか、反対にポジションを積み重ねていく手法です。この方法では、危険性を回避することなどどこをどうやっても無謀だ察するべきです。ナンピン買いをし続けられればいずれは儲けが出るかもしれません。だがしかし、その前にお金が不足してしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.screne.org All Rights Reserved.