トップイメージ

一般的な外為の情報では、「差損が生じた場合はナンピン買いすることで、ポジション全体の価格を下げることができる」等とアドバイスしていると思いますが現実にはナンピンには目に見えない危険があると考えます。ダイエットプーアル茶 効果

まずはじめに、ナンピンの理屈についてとても簡単に説明しておこう。ペニトリン

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。ミラクルクイーン体験セット口コミ

$(ドル)買いということでドル高に推移するほど利益が出るわけだが逆に1ドルが95円まで円高ドル安方向に向ったとします。デオル

そのままの場合所有し続けたら、プラスになるためには、損失分ドル高が進まなければなりません。キャッシング

誰もがみんな、マイナスは可能な限り早く無くしたいと考えます。キャッシング

そのためはじめにエントリーしたのと同額のドルを、1ドル=95円で買い増しする。メルパラ

そうしたら、全体のコストは1ドル=97.50円まで引き下げることができます。お肌の手入れ

この結果、2円50銭の幅でドル高が進むとマイナスを回復できる。脱毛

これが、ナンピン買いの手法です。公文式 バイト

このとおり、ナンピンのやり方をみると「その通り」という気分になるが外国為替市場は簡単には思った通りにはなりません。

だいたい、1ドル95円より下がらないとは、誰にも分かるはずがありません。

もし、外国為替市場が円高ドル安トレンドだったら、95円では下げ止まることなくより円高にいくリスクがあります。

仮に、97円50銭でナンピン買いをしたにもかかわらず、95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピンを入れたポジションも、損が生まれてしまいます。

そういう状況では初めに保有したポジションとトータルで更なる為替差損が生まれます。

例示したとおり、ナンピン買いは難しいのだ。

それでは、相場が己の脚本とは逆向きにすぐに向う場合、いかなる手法でリスクを避ければいいのでしょうか。

この場面では取れる手段は2つあります。

ひとつはあきらめて、損失を確定する事です。

ふたつめはその時点で、自分が所持しているポジションを縮小することで、改めて為替が回復するのをじっと待機する事です。

ずいぶん後ろ向きな手法だと感じる投資家もいるでしょう。

しかしながら、所有している買いポジションに差損が出た時最も妥当な術はこの他にはありません。

言うまでも無く、理論としては、ナンピン買いする術もあると思います。

だけどナンピンはあなたがマイナスになっている場面で買いポジションを減少させるどころか、逆に買いポジションを積んでいく方法である。

この考え方では、危機を避けることなど、どうやっても無謀だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンを続けられればその内勝てるかもしれない。

しかし、そうなる先に資金は不足してしまいます。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.screne.org All Rights Reserved.