トップイメージ
パソコンの。ディスプレイの前に座って、変動しているレートを目を向けていると何となくトレードをするという感情が生じる場面も多かったりします。しかしながら、不明瞭な感覚でトレードするのだけは、絶対にしてはいけません。分かっていると思いますが、外国為替相場は四六時中、休みなくいずれかの為替相場は変動しているし、為替相場も休みなく上がったり下がったりします。しかしながら、何度も売買を積み重ねるとその分だけ損をする危険性が増します。確かにトレードの回数を積む事でトータルで勝つ確率が五分五分に近づくのは事実です。しかしこの事は「ぼんやりとした感覚で取引」とは別の問題です。売り買いの回数を積む事の意味は自分が「ここで勝負」と考え付いた機会を持った場面での取引回数を積むという意味である。ただ何となく、のべつ幕なし取引を積み重ねるのとははっきりと違います。外国為替市場の戦いに負けないためには白分で深く考えて緩急をつけることが不可欠です。「ここはいける」とよく考えたマーケットの時には、迷うことなく所有ポジションを多くして、意識して利益を追求します。「明らかに分からない為替相場でどう動くのか読めないな」と思った時は、観念して保持ポジションをひとつも残さないで諦めて何もせず静観します。これくらいのけじめをつけた方が最終的にはエントリーは勝てます。相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。本当に言葉どおりだと感じます。為替とは売買ポジションを所有する事が大事ではなく、売買ポジションを保持せず待っている事も場面によっては、外国為替相場です。それでは、どの場面で、休むべきなのでしょうか。最初に考えられるのが、前に述べたように、現在の相場展開がはっきりとよく見えない時。どうなるのか見通せない時は分からないまま行動すると、あなたの作った物語とは逆の方向に市場が推移してしまい損失を被ることになる。そのため、そういったケースではポジションを閉じそのまま様子を見ているのが最善の策です。ふたつめは、あなた自身の体の状態がよくない時です。健康状態と為替相場に関係しないと感じる投資家もいますが現実には思ったよりつながりがあります。コンディションが変な時は、外国為替相場の重要なところで、冷静な判断を下すことができなくなります。気乗りがしない時は、取引から距離を置くことも肝心な事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.screne.org All Rights Reserved.