トップイメージ
外為取引の投資についての対象は、各国各々の公式貨幣なのです。公式通貨において学んでみたいと思っています。・通貨には「基軸通貨」という名称でよばれる公式通貨があります。基軸通貨とは、国ごとの間の決済について金融の取引に際して主として活用される貨幣のことを言い今は米ドルの事をいいます。昔日は英ポンドが基軸通貨でありましたが、第二次世界大戦後は$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なったのです。・FXにおいて流通可能な貨幣の種類については、他の外貨の投資に比べてこの上なく頻繁というのが特殊性なのです。FX業者間によって、取り扱う公式貨幣の種類については、変わっているのですが、20種類位ある模様です。流動する性質が高い数値の公式貨幣をメジャー通貨と称します。流動する性質が大きいが表すことは、売り買いが多く実施されておるという事をしめしていて、公式通貨の売買が容易なという意味です。主要な公式通貨には上記にて基軸通貨のアメリカ合衆国ドルに、¥(日本円)¥(円)、EUROの3つの通貨がありまして、世界三大通貨と呼ばれています。英ポンド、ニュージーランドのドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。これら以外の流動性が小さい通貨についてはマイナー通貨と言われてかなり国の力や経済の力が乏しい国での公式通貨で南アフリカランドや人民元、インドルピー、メキシコペソなどが主要な通貨に関しては流通しておる程度が多量ですという事もあり値の激動が堅調で情報量も多いそうです。マイナー通貨は、利子が高値な通貨というのが多く値の高安が大きいようです。値の乱調が大きいという事においては甚大な利益を入手する幸運に恵まれる機会があるのですがチャンスがある分好ましくない結果の可能性も予断を許さないです。更に流動性が少ない公式通貨なのでフィックスを望む際に不可能であるかもしれない事があります。何の通貨を選び出すのかという事に関しては、公式貨幣の特徴を注意深く検討してから試みる事は必須であると思いました。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.screne.org All Rights Reserved.