トップイメージ

破産手続きをする人で持っている借り入れに対して保証人が存在するときには前もって話しておくべきでしょう。

再度、改めてお話ししますが、保証人となる人物が付いているときは破産申告前にきちんと検討しておかなければなりません。

つまりはあなたが破産宣告をしてOKが出るとその保証人がその借金をみんなかぶる義務が生じるからです。

やはり、破産手続きの前段階に保証人にその詳細や現状について報告してお詫びをしておかなくてはならないでしょう。

そういったことは保証してくれる人の立場からすると当たり前です。

負債者のあなたが破産宣告することによって急に何百万円もの借金が生じてしまうことになるのです。

そうして、以降の保証する立場の人の選べる道は以下の4つです。

一つめは、保証人自身が「みな返す」ことです。

あなたの保証人が多くの金額をラクに返せるほどのようなキャッシュをたくわえていれば、そうすることが可能になります。

そういう場合はむしろ、そのまま破産申告せずあなたの保証人にお金を貸してもらって、自身はあなたの保証人に月々一定額を返済をしていくという解決策もあると思います。

保証してくれる人があなたと良い関係にあるのであれば少しだけ返金期間を長くしてもらうことも可能かもしれません。

たとえ一括で弁済できないとしても分割による支払いに応じることもあります。

あなたの保証人にも破産による整理をされると貸金が一円も戻らないことになってしまうからです。

保証人が債務者のお金をすべて負う財力がなければ、借金したまた同様に債務整理を選択することが必要です。

2つめが「任意整理」によって処理することです。

この手順では貸金業者と話す方法により3〜5年のあいだで返済していく感じになります。

実際に弁護士に依頼するにあたってのかかる費用は1社ごとに4万。

合計7社から債務があったなら28万円かかります。

また貸した側との示談を自分でやってしまうこともできないことはないかもしれませんが、法律の経験のない素人の場合向こう側が自分に有利なプランを投げてくるので気を付ける必要があります。

ただ、任意整理を選択する場合は債務を立て替えてもらうことを意味するのですから、たとえ少しずつでも保証人に支払いをしていく義務があるでしょう。

次はあなたの保証人もあなたと同じように「破産申告する」という選択肢です。

保証人となっている人も破産した人と同じように破産を申し立てればあなたの保証人の義務も返さなくて良いことになります。

しかしながら、もし保証人が土地建物等を持っている場合はその個人資産を取り上げられてしまいますし、税理士等の業務に従事しているならば影響がでます。

そのような場合、個人再生という処理を利用するといいでしょう。

最後の方法の4つめの手段は、「個人再生をする」方法についてです。

不動産を手元に残したまま整理をしたい場合や自己破産では資格制限にかかる職業にたずさわっている場合に有効なのが個人再生という制度です。

これなら、マンション等は手元に残りますし破産の場合のような、資格制限が一切ありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.screne.org All Rights Reserved.