トップイメージ

よくあるはじめたばかりの人向けのFX取引の雑誌では「損が生まれたケースではナンピン買いをして全体の平均の買い付け価格をコントロールする事が出来る」等と述べられているが、実際にはこれには目に見えないリスクがあると思います。リバイタラッシュ

ナンピン買いの手法に関して易しく説明しておきます。こうじ酵素 口コミ

一例として1ドル100円でドルを買ったとします。コンブチャクレンズ 危険

ドル買いですので円安に推移するほど儲けが大きくなりますが思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高・ドル安が進んだとします。すっきりフルーツ青汁 口コミ

その場面で持ち続けたとしたら損失が戻るためにはマイナス分、ドル高に進む必要があります。マイシード 口コミ

みんな、マイナスは早く取り戻したい願うだろう。髭 汚い

この状況を乗り切るためはじめに売買したのと同じ額のドルを、95円でエントリーします。ゼロファクター ヒゲ

それで、全体のコストは1ドル=97.50銭まで低くすることができる。クレンジング酵素0 口コミ

すなわち、半分の幅で円安ドル高が進行すればマイナスを失くせます。めっちゃたっぷりフルーツ青汁 口コミ

この流れがナンピン買いの手法です。ロスミンローヤル クーポン

このような、ナンピン買いのやり方を耳にすると「納得だ」という考えになるが為替はそう簡単に上手くはいきません。

もとより、1ドル=95円が下限だとということなど誰にも分かるはずがありません。

外国為替市場がドル安動向だとしたら、1ドル95円では下げ止まることなく円高ドル安に進む危険性は高いです。

例として、97円50銭でナンピンをしたにもかかわらず、95円までドル安に向ったら、ナンピンを入れたポジションも、損失が生じてしまいます。

それでは、最初に買ったドルと一緒により大きな損失が生じます。

この通り、ナンピン買いは難しいのだ。

では、市場が筋書きとは逆の方向にすぐに進んだ場合、いかなる術で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。

そういう時には選択する道は2つあります。

まずはじめは観念してポジションを閉じる事です。

ふたつめは、その時に、自分か保持しているポジションを減らす事でもう一回相場が元のようになるのを黙って待つことだけです。

消極的なやり方だとみる投資家もいます。

だけど、買いポジションに損が生じた時一番有効な術はそれ以外には期待できない。

確かに、理論上はナンピン買いをする方法もあるように思えます。

けれどもナンピンは、自分が損失を出している状態にもかかわらず買いポジションを縮小するどころか、反対に買いポジションを積んでいく手法です。

この考え方では、危険を回避することなどどこをどうやっても可能ではない察するべきです。

ナンピン買いを続けられれば最終的には勝てるかもしれない。

でも、それより前に資金は無くなってしまいます。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.screne.org All Rights Reserved.